「大分松の花読書会」のご案内

  

森信三先生の本を読み合わせし、

 

大事なことでありながら、なかなか学ぶ機会のない

 

「人として、最も大事な基本」を共に学ぶ会として、

 

全国で読書会が開催されています。

 

 

「大分松の花読書会」は、

 

平成24年11月にスタート致しました。

 

 

毎月第3日曜日に当教室を会場として

 

開催しております。ぜひご参加ください。

 

☆6月のみ、第4日曜日開催です。 

 

 次回開催

 

 日時:10月19日()1:00〜15:30

 

 会場:健康ヨガ教室

 

 会費:1,000円

 

 

使用図書

新たなる『人間の学』

 

 最晩年に森信三先生が後世に遺された

 慈愛の結実、『幻の講話』の

 全五巻を凝結した本です。

 

 目次は こちら です

 

◆ 森信三先生の略歴

明治29年9月23日、愛知県知多郡武豊町に生まれる。

3歳にして半田の森家に養子として入籍。

半田小学校高等科を卒業、給仕をつとめ、愛知師範に学び

小学校教師より身を立て、好学心やむなく広島高等師範に進み、

京都大学哲学科大学院を修了。

大阪天王寺師範教諭13年、のち満州建国大学に就任。

異国にて終戦を迎え帰国。

祖国再建を念願とし全国行脚。

その間神戸大学教授(7年)、

神戸海星女子学院大学教授(16年)をつとめつつ執筆活動。

全集33巻にまとめる。

自ら全一学徒として生涯を了える。

平成4年11月21日逝去。

 

 

◆ ニュース

平成26年6月22日

 名古屋・東海暁鐘読書会の塚本惠昭さんを特別ゲストに、

 塚原のどんぐりJAYAにて読書会を開催しました。

 

平成25年11月10日 

 「大分松の花読書会」1周年記念読書会を開催、

 寺田一清先生に御講演いただきました。

 

平成24年11月 

 「大分松の花読書会」が発足しました。

 名前の由来は、寺田一清先生が、

 発起人2名の名字から一字ずつ取られ名付けてくださいました。